--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2013

07.01

ベインケィツゥーES

前に組んだデッキはあまりに攻め手に欠けるので大分改良しました。
そして序盤の相手のウィニーに対する回答を増やし、序盤も積極的にサンタクルスを使っていきます。
前の物はあまりにも受け身過ぎたので少し攻めにも視点を置きました。
それがアリスとティリチミール、そしてアララットカグヤです。
アリスは言わずもがな複数展開のデメリットを補い、後半はデスティネ回収+ハンドキープによってベインケィツゥーで圧力をかけていきます。
ティリチミールはまず6コス帯での打点です。ルクスリアを6コスで投げる意味が限りなく薄かったので打点が高くデッキと噛むティリチを採用しました。
ESを戻していく事によってデッキの打点を上げつつIGフェイズでのESヒット率の増加、(もちろん相手に有効的なES)+落ちてしまったベインの回収などを行っていきます。
アララットとカグヤは単純明快の除去です。13ゾーンに置かれてしまったゼクスを積極的に壊していきます。
アララットは蘭丸コープスシェアトアヴィオールデスティネなどのウィニーに来たカードは焼けるので打点を考えれば十分除去として使っていけます。更に79ゾーンをワンパンで落としに行ったり10500への回答など理由は多いです。
カグヤは多少使いにくい場面が目立ちますが序盤のウィニー対策、終盤の場所空けでのめくれた時の強さを考えると妥当かなと思います。
終盤めくれて強い万力カグヤはティリチと強いシナジーを発揮するという理由もあります。


STロウブリンガー サンタクルス 1
純粋のピュール 4
運命のデスティネ 4
力のピュイサンス 4
放浪のエレ 4
星のエトワール 4
途惑いの少女アリス 4
ロウブリンガー アララット 4
月光の魔姫クイーンカグヤ 2
カミカミする万力 4
ロウブリンガー ティリチミール 3
七大罪 色欲の魔人 ルクスリア 4
イヴェルベイン ケィツゥー 4
滅獄竜デスティニーベイン 4
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

 |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。